ブログ

奈良日日新聞 連載記事「一期一会の邂逅人生~人生は自分探しの求道の旅」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

これぞ!元気と勇気が沸く自叙伝!!

当社会長、打谷久義によります自叙伝「一期一会の邂逅人生~人生は自分探しの求道の旅」は、奈良日日新聞で連載をスタートさせて頂いて、丸3年が経過しました。
いつもご購読いただいておられます方々、誠にありがとうございます。

第一章「幼少期」からスタートしました自叙伝も、第二章「少年期」、第三章「青春期」を経て、
いよいよ第四章「社会人編」に突入します。

「社会人編  ~わが人生の僥倖(ぎょうこう) 」では、
石づくりのおかげで、得る事ができた幸せの数々をつづっています。
石屋になろうと決意した、  あるお坊さんのお言葉、
「永遠に残るものをつくることほど、崇高なことはない」から、人生の方向が定まり、
文政2年(1819年)創業の老舗、打谷石材店と運命を共にするところから、始まります。

初回は5月4日(第1金曜日)掲載です。
自叙伝を通して、「無名人にして、こいつの生きざますごいな、興味深いな、そういう生き方ができるのか」と感じ取って欲しいという思いから、書きつづった自叙伝となっております。

毎月第1金曜日と第3金曜日に、奈良日日新聞に掲載されますので、
是非とも、お読み頂けたら幸いでございます。